アップルの秋以降の新製品、サービス戦略を予想する本企画。最終回は、パソコン市場の低迷をよそに好調を維持するMacの行方だ。インテルCPUのロードマップにある程度沿った形でアップデートが進むのは間違いないとして、気になるのは、一部に残る非Retinaディスプレイモデルがいつ次の進化を遂げるかだ。

(編集部)


 アップルは、1977年に個人向けの完成品パーソナルコンピュータ「Apple II」を発売して以来、今日までずっとパソコンを販売し続けているメーカーであり、パソコン市場に革新をもたらし続けてきた。

 「革新的であること=最も売れているパソコン」というわけではないが、過去、世界市場でシェア5位内にランキングされていたにもかかわらず、今日までに姿を消したメーカーは数多い。

 アップルの強みは、ハードウエアとソフトウエアの両方を開発しているメーカーであることだ。その意味で、近年「Surface」を自社で開発・販売し始めたマイクロソフトも、アップルのアプローチに近づいているといえる。

 そのアップルが、今年発表した革新的な製品が「MacBook(12-inch, Early 2015)」だった。

 アップルは、2008年1月に初代の「MacBook Air」を発表し、ノートパソコン市場に「ウルトラブック」という新しいジャンルをいち早く提案した。

 そのMacBook Airは、2010年10月に「Back to the Mac」のかけ声のもと、現在のMacBook Air(11-inch, Early 2015)、MacBook Air(13-inch, Early 2015)まで引き継がれる新しいデザインを採用した形で発表された。

2008年1月に発表した初代「MacBook Air」。画面サイズは13インチのみ。入出力インタフェースの数を最小限に絞り込んだ、思い切った設計が論議を呼んだ。
[画像のクリックで拡大表示]
2010年10月に登場した第2世代からは、画面サイズが13インチと11インチの2モデル体制に。マイナーチェンジを重ねて今に至るが、現行MacBookラインの中で唯一の非Retinaモデルでもある。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら