前回、AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)を基幹システムに使うに当たって準備した、共通基盤について説明した。今回は次なる壁として、この基盤にいかに社内ユーザーを呼び込んでいくかについてお伝えする。

 次期の主要インフラにAWSを採用するという方針が決まってから、我々情報システムセンターは、製造部門や研究開発部門などいくつかの部署を対象に、AWSに関する説明会を実施した。そこでは、「AWSの超入門」「代表的なAWSのサービス」「AGC旭硝子におけるAWSの使い方(指針)」といった項目について説明した。

 反応は実に様々だった。「ぜひ、次期システムにAWSを使いたい」と言ってくれるユーザーもいれば、「コストが見合うのなら検討する」という慎重派のユーザーもいた。もちろん、「自分が担当しているシステムは、AWSでは実現できない」という人もいた。

社内からの相談が急増し「これはヤバい」

 いずれにせよ、説明会を通じて感じたのはクラウド技術に対するユーザーの熱意である。この新しい技術を使うことで、今までできなかったことができるのではないか。今困っていることが解決されるのではないか。そういう期待感を抱かせるのに十分な魅力が、AWSには確かにあるのだと思う。

 説明会の甲斐あってか、その後AWS利用の相談が社内から頻繁に舞い込むようになった。問い合わせは、「本当にシステム運用の負荷から解放されるのか」とか、「コストはどれくらい削減できるのか」といった一般的なものがほとんどだった。

 ただ新鮮だったのは、顔見知りのユーザーだけでなく、今まで全く連携していなかったような部署の社員が人づてにAWSのことを聞きつけて、我々情報システムセンターに連絡してくるケースが少なくなかったことだ。AWSの魅力が、部署の垣根を越えて伝わったようだった。

 それ自体は望ましいことだ。ただ、相談が増えるにつれ我々には「これはヤバい」という危機感が高まっていった。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら