Windows 10では、従来のメジャーアップデートに相当する大きな機能追加でも、デバイスのサポート期間中は無償で新機能が提供される。マイクロソフトはこれを「Windows as a Service」と呼ぶ(写真1)。

 企業ユーザーが気になるのは、Windowsのサービス化によって機能追加のタイミングやサポート期間がどう変わるのかだ。機能追加が継続的にあるとすると、IT部門の管理者はそれまで使えていた機器やアプリケーションに不具合が出ないか検証しなければならない。

 記事を執筆している2015年7月下旬時点で明らかになっている情報を基に、まずはサポート期間がどう変わるかを見ていこう。

写真1●Windows 10ではサービスとして機能改善や新機能を継続的に無償提供する
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトは「Windowsのサービス化」により、Windows 10が最後のバージョンになると明言している。そうなるとサポート期間はどうなるのか。終了が定められていないと思うかもしれないが、実は明確に期限が決められている。

 マイクロソフトは7月中旬に「Windowsライフサイクルのファクトシート」を更新した。これによると、Windows 10のサポート期限は、電話やメールでの問い合わせも含めフルサポートが受けられる「メインストリームサポート」が2020年10月13日(米国時間、以下同)まで、セキュリティ更新プログラムの配布と有償サポートのみの「延長サポート」が2025年10月14日までとなっている(写真2)。提供開始から延長サポート終了までが約10年間というのは、従来と変わらない。

写真2●Windowsライフサイクルのファクトシート
[画像のクリックで拡大表示]

 日本マイクロソフトに2025年10月14日以降はどうするのか確認したところ、「(更新したファクトシートは)10年間はサポートを継続することを明示したという位置付け。その後どうなるかは現状では決まっていない」との回答だった。バージョン名も「Windows 10.1などになり、さらに10年間サポート期間が延長されることも考えられるが、この点もまだ何も明らかにしていない」(同)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら