新幹線や飛行機での移動時などで、アイデアを練りながら新規の文書を作成しなくてはならないケースもあるだろう。そんなときもOffice for iPadがあれば、パソコンとほぼ同様に作成することが可能だ。作成した文書はiPad上で印刷したりメールで送信したりできるのはもちろん、OneDrive上に保存すればリンクを発行して特定の人と共有することも可能。職場にいる部下や上司に権限を与えて共有すれば、同じ文書をオンライン上で共同で編集することもできる(図1)。

●急な書類作成も簡単! 印刷や共有で活用
図1 Office for iPadを利用すれば、その場でレポートや企画書、プレゼン資料なども作成できる。出来上がった文書は印刷したり、同僚や取引先と共有したりすることもできる
[画像のクリックで拡大表示]

 Office文書をゼロから作るというのは初心者にはハードルが高そうだが、あらかじめ豊富なテンプレート(ひな型)が用意されているので、効率的な文書の作成が可能だ。利用できるテンプレートは、Wordが24種類、Excelが16種類、PowerPointが20種類となっている。なお、パソコン版のOfficeで使えるオンラインテンプレートには対応していない。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら