「エンタープライズ分野で世界最大級のテクノロジーカンパニーになった」。米Dell TechnologiesのMichael Dell会長兼CEO(最高経営責任者)は2016年10月20日(米国時間)に開催した「Dell EMC World 2016」の基調講演で、感慨深げにそう語った(写真1)。米EMCの買収を2016年9月に完了したDell Technologiesの売上高は740億ドルで、米IBMの817億ドル(2015年12月期)に肉薄する。

写真1●米Dell TechnologiesのMichael Dell会長兼CEO(最高経営責任者)
[画像のクリックで拡大表示]

 Dell EMC Worldは昨年まで「Dell World」と呼ばれ、Dell創業の地であるテキサス州オースティンで毎年開催されている。「32年前にこの会場のすぐ側で小さな会社を始めた。それがここまで大きくなったなんて信じられない」。そう誇らしげに語るDell会長。EMC買収に投じた資金は670億ドルで、IT業界では最大規模の買収だ。EMC買収によって、サーバーやストレージ、仮想化、セキュリティなどの分野で市場シェアも1位になる見通し(写真2)。Dell会長は「次の産業革命である『Internet of Everything』のITインフラを支える会社になる」と意気込んだ。

写真2●Dell会長が示した市場シェア
[画像のクリックで拡大表示]

 かつて「デルモデル」を掲げ、米Intelのプロセッサを搭載する業界標準ハードウエアに、「Windows」や「Linux」といった業界標準ソフトウエアだけを搭載する「業界標準製品」の販売に徹していたDellの面影は無い。Dell会長は年間45億ドルを研究開発(R&D)に投じると明かす。「当社は(株式を公開しない)プライベートカンパニーであり、短期的な収益ではなく、長期的な成功に向けて投資していく。我々が見ている地平(タイムホライゾン)は数十年単位だ」。Dell会長はそう力説した。

 Dell Technologiesはその傘下に、パソコン部門のDell、ITインフラ部門のDell EMC、ソフトウエアのPivotalとVMware、セキュリティのRSAとSecureWorks、クラウドサービスのVirtustreamという事業体や子会社が連なる(写真3)。Dell会長はその体制を「Dellファミリー」と表現する。それぞれの事業体はある程度の独立性を保ち「スタートアップのような文化を持ちながら、強力に事業を推進していく」(Dell会長)とした。

写真3●Dellファミリーを示したスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 Dell EMC Worldを取材して驚いたのは、その「EMC色」の強さだ。Dell会長はDell Technologiesの今後の戦略として「モダナイズ」「オートメーション」「トランスフォーム」の三段階を掲げる。モダナイズは、顧客が保有するメインフレームなどの旧来型ITインフラをオープンプラットフォームに置き換えていくもので、Dell EMCがその戦略を担う。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら