米General Electric(GE)が「エンタープライズITベンダー」として台頭している。ソフトウエア事業の売上高を2015年の50億ドル(約6000億円)から2020年には150億ドル(約1兆8000億円)にまで伸ばす。顧客に販売するのは自社の「IoT(Internet of Things)経験」だ。

 「GE自身がデジタル製造業(Digital Industrial Company)へと変化してきた経験を、社外提供(エクスターナライズ)する」。同社のJeff Immelt会長兼CEO(最高経営責任者)は2015年9月29日(米国時間)に米サンフランシスコで開催した自社イベント「Minds + Machines 2015」の基調講演で、聴衆にこう語りかけた(写真1)。

写真1●米GEのJeff Immelt会長兼CEO(最高経営責任者)
[画像のクリックで拡大表示]

 GEは近年、IoTに関する取り組みを社内で積極的に続けてきた。例えばGE社内の製造拠点では、様々な製造設備に取り付けたセンサーから集めたデータを元に、製造設備が近い将来に故障するかどうかを予測している。

 具体的には、それぞれの製造設備について「Digital Twin(デジタルの双子)」と呼ぶシミュレーション用のモデルを用意。実際の製造設備で発生しているデータをモデルに入力してシミュレーションを実行し、故障の発生時期や場所を予測する。予測に基づいてあらかじめ修繕を行うことによって、計画に無い操業停止を10~20%削減してきたという。

 GEはIoTとシミュレーションを組み合わせたDigital Twinの取り組みを、IT業界で流行する「Software Defined(ソフトウエア定義)」の手法になぞらえて「ソフトウエア定義のデジタル製造業を実現する手法」と表現する。GEはこの手法を、風力発電事業や鉄道設備の保守事業などにも適用しているという。

IoTの世界の「Apple」や「Google」を目指す

 GEが販売するのは、GEが様々な産業領域で“デジタル製造業”を実現するために自社で開発してきた「アプリケーション(アプリ)」と、そのアプリケーションを稼働するための「プラットフォーム」のクラウドサービスである「Predix.io」だ。

 Predix.ioでは、GEが開発したデジタル製造業を実現するアプリだけでなく、他社(サードパーティー)が開発したアプリも利用できる(写真2)。米Appleや米Googleが、スマートフォンやタブレット向けのアプリを「アプリストア」で販売しているように、GEもPredix.ioというプラットフォームで利用できるアプリを「GE Store」で販売する。

写真2●石油・ガス産業向けにGEが販売する「アプリ」の一覧
[画像のクリックで拡大表示]

 Minds + Machines 2015の基調講演でImmelt会長は、「我々はデジタル製造業を実現するOS(オペレーティングシステム)を提供する」「アプリのマーケットプレイスを提供する」などと語り、同社がIoTの世界において、スマホやタブレットの世界におけるAppleやGoogleのような「プラットフォーマー(プラットフォーム提供事業者)」を目指す意向であることを明言した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら