米Appleがエンタープライズ(企業向け)ITベンダーとして急速に巨大化していることが分かった。Tim Cook CEO(最高経営責任者)によれば、同社のエンタープライズ(企業向け)の売上高は2015年6月までの1年間で250億ドル(約3兆円)に達するという。

 この数字はCook氏が2015年9月29日(米国時間)に、企業向けクラウドストレージサービスを手がける米Boxの年次イベント「BoxWorks 2015」に登壇して明らかにした(写真1)。

写真1●米AppleのTim Cook CEO(最高経営責任者)
[画像のクリックで拡大表示]

 Cook氏の講演は、BoxのAaron Levie CEOがCook氏に質問する形で行われた(写真2)。冒頭、Levie氏に「なぜ(Boxが主催する)エンタープライズのイベントに来たのですか」と尋ねられたCook氏は、「Appleが企業向けにiPhoneとiPadを大量に販売しているからだ」と即答。Appleがコンシューマー(消費者)市場だけでなく、エンタープライズ市場にも力を入れていることを強調した。

写真2●米BoxのAaron Levie CEO(左)と米AppleのTim Cook CEO(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 Cook氏は「人々は『エンタープライズスマートフォン』を購入していない。それは仕事で車を使う人々が『エンタープライズカー』を買わないのと同じだ」と述べ、。コンシューマー向けに作ったiPhoneやiPadが、「BlackBerry」などエンタープライズ向けスマートフォンを押しのけ、エンタープライズ市場でもシェアを拡大していることをアピールした。

エンタープライズ市場でも「エコシステム」を作る

 その一方でCook氏は「我々は、エンタープライズ市場における垂直統合的な経験を持っていない」と述べ、コンシューマー向けのビジネスから始めたAppleが単独では、企業がITに求めるすべてのニーズを満たすことはできないとの認識を示した。

 そこで重要になるのが「コンシューマー市場と同じように、エンタープライズ市場でもアプリケーションなどの『エコシステム』を作る」(Cook氏)こと。Cook氏がBoxのイベントに登壇したのもエコシステム作りの一環だ。Cook氏は「企業はエコシステムの無いプラットフォームを選ばない」と述べ、Appleが既に始めている米IBMや米Cisco SystemsといったエンタープライズITベンダーと協力関係を、今後も拡大する方針であることを強調した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら