「Oracle OpenWorld」の名物と言えば、米OracleのLarry Ellison会長兼CTO(最高技術責任者、写真1)が基調講演で繰り広げる、競合他社への挑戦的な言動だ。今回のターゲットは、米Amazon Web Services(AWS)ただ1社。2016年9月20日(米国時間)に実施したデータベース(DB)に関する基調講演でも、ひたすらAWSへの対抗心をあらわにした。

写真1●米OracleのLarry Ellison会長
[画像のクリックで拡大表示]

 Ellison会長は「Oracle OpenWorld 2016」開催初日の9月18日(米国時間)に行ったクラウドに関する基調講演でも、AWSに対して価格競争を仕掛けると発言している(関連記事:「AWSは尊敬しているが価格では負けない」、米OracleのEllison会長)。18日の基調講演では「チャットボット」などの発表もあったが、今回の基調講演では時間のほとんどを、Oracleが提供するDBのクラウドサービスと、AWSのDBサービスとの比較に当てるという徹底ぶりだった。

 Ellison会長は基調講演で、「『Oracle Cloud Platform(OCP)』は『Oracle Database(DB)』に最適化されているのに対して、AWSはそうではない」と主張。Oracle DBを稼働する環境としてOracleのクラウドが向いているとした(写真2)。

写真2●AWSはOracle DBに最適化されていないと語るEllison会長
[画像のクリックで拡大表示]

 さらにEllison会長は同社が実施したベンチマークなどを持ち出して、Oracleが提供する各種DBサービス(Database as a Service)が、AWSのデータウエアハウスのサービスである「Amazon Redshift」や、リレーショナルデータベース(RDB)のサービスである「Amazon Aurora」よりもパフォーマンスに優れ、コストが安価であるとアピールした。

 Oracleは今回、三つのベンチマークを実施。どちらのクラウドがOracle DBに向いているかを比較する「Oracle DB at Oracle Cloud Platform(OCP) vs Oracle DB at AWS」と、データウエアハウスとしての性能を比較する「Oracle DB at OCP vs Amazon Redshift」、トランザクション性能を比較する「Oracle DB at OCP vs Amazon Aurora」において、いずれもOracle側がAWSに勝利したと主張した。ベンチマーク結果はWebで公開するとした(発表文)。

切り札は「Exadata Express」、月額175ドルから

 Ellison会長はコスト面でもOracle側が優れると主張した。Ellison会長が強調したのは、Oracleが同日発表した新しいDBサービス「Exadata Express Cloud Service」の存在。OracleのDB専用機「Exadata」を同社のクラウド上で稼働し、ユーザーにはExadata上のDBパーティションを割り当てる。料金は月額175ドルからで、これで最大20GバイトのDBを運用できる。同一構成でAmazon Auroraの月額245ドルよりも低コストだと主張した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら