米サンフランシスコの大通りが「ポケモンGO」のプレーヤーで埋め尽くされた――(写真1)。2016年7月20日(米国時間)に開催された「ポケモンGOクロール」には30歳前後の「アラサー」プレーヤーが多数集まり、スマホ片手に街を練り歩いた。

写真1●フェリービルディング周辺を行進するプレーヤー
[画像のクリックで拡大表示]

 ポケモンGOクロールは、ポケモン好きの一般プレーヤーが「Facebook」で呼びかけて開催されたイベントだ。開発元の米Nianticや任天堂などは関与していない。プレーヤーはサンフランシスコの二つの観光スポットのいずれかに集まり、そこからみんなでポケモンGOをしながら街を散策(クロール)する。

 ポケモンGOにはユーザー同士が直接対戦する「バトル」もなければ、ポケモンを交換する手段も無い。だからプレーヤーは皆ただ歩き回り、道で出会うポケモンを集め、名所や店舗に設定された「ポケストップ」でアイテムを手に入れている。ただそれだけのイベントで、他には何も発生しない。

 そんな内容のイベントにもかかわらず、Facebookのページでは9000人以上が「参加」を表明し、実際に当日は記者が確認しただけでも1000人を超える人々が集まった。正に現在の米国における「ポケモンGOブーム」を象徴する光景が展開されたと言えるだろう。記者も実際に5キロメートル以上を徒歩で「クロール」したので、写真を交えながら当日の模様をレポートしよう。

1000人を優に越えるプレ-ヤーが参加

 記者が行ってみたのは、集合場所の一つでサンフランシスコの観光名所「フェリービルディング」に近い「ピア3」という波止場。クロール開始時間よりも30分早い午後6時には、数百人以上のプレーヤーが集まっていた(写真2)。もう一つの集合場所である「ミッション・ドロレス・パーク」にも、報道によれば数百人が集まっていた模様で、1000人を優に超えるプレーヤーがイベントに参加したことになる。

写真2●海辺の「ピア3」に集まったプレーヤー
[画像のクリックで拡大表示]

 クロール開始時間の午後6時30分。主催者の女性が「ポケモンGOクロールを始めます」と宣言すると、周囲は大きな歓声に包まれた。群衆の中にはポケモンのアニメ主題歌を合唱する男性達も。プレーヤーが集まるお祭りといった印象だ。

 プレーヤーがクロールする行列は、なかなか圧巻だった(写真3)。人気ポケモン「ピカチュウ」の着ぐるみを身にまとった参加者など、お祭り気分の行列が街を行進していく。

写真3●フェリービルディング前の大通りを渡るプレーヤー
[画像のクリックで拡大表示]

 ピア3を出発した行列は、サンフランシスコの目抜き通りである「マーケットストリート」は西に進む(写真4)。行進の行く手は「ミッション地区」にあるいくつかのバーやレストランだ。ポケモンGOをやりながらみんなで街を練り歩いて、最後に一杯やろうというのがこのイベントの唯一の目的だ。

写真4●マーケットストリートを行進するプレーヤー
[画像のクリックで拡大表示]

 行列の周囲には、警察の姿も頻繁に見かけた(写真5)。ポケモンGOクロールの話題は数日前から、地元のテレビ局や新聞などで報じられていたので、警戒に当たっていたのだ。

写真5●プレーヤーを見守る警察車両
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら