写真1●Google FellowのAmin Vahdat氏
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleはネットワークスイッチを自社で開発している――。長年IT業界でささやかれていた噂を、Googleがついに認めた。2015年6月14日から18日まで米カリフォルニア州サンタクララ市で開催された「Open Networking Summit 2015」の基調講演で、同社のFellowであるAmin Vahdat氏が公表した(写真1)。

 同社がネットワークスイッチを初めて自作したのは2005年。現在Googleのデータセンター(DC)で使用する「Jupiter」スイッチは5代目に当たるという(写真2)。世界でも最大規模のデータセンターを構築・運用しているGoogleが、ネットワークスイッチをネットワーク機器ベンダーから購入せずに、自社で大量に生産しているという噂は、2007年頃から業界でささやかれていた。その噂をGoogleが公式に認めたのは、今回が初めてのことである。

写真2●Googleが2012年に開発した「Jupiter」スイッチ
[画像のクリックで拡大表示]

 「既存のネットワーク製品では、GoogleがDCネットワークに求める要求を満たすことができなかった」。GoogleのVahdat氏は、同社がネットワークスイッチの自社開発を始めた理由をこのように語る。

ネットワークも「スケールアウト」

 2005年当時、広帯域のDCネットワークを実現するには、ネットワーク機器ベンダーが販売する高価な大型スイッチを導入する必要があった。それに対してGoogleは、安価な小型スイッチを大量に導入することでネットワークの帯域を広げる「スケールアウト」の手法を採用しようと考えた。そのために必要となるネットワークスイッチを、自社で開発したという。

 写真3が、現在Googleが構築している、スケールアウト型のDCネットワークの構造だ。サーバーの通信は、サーバーラックごとに設置された「ToR(Top of Rack)スイッチ」に集約され、ToRスイッチの通信は上位にある「アグリゲーションスイッチ」(図ではEdge Aggregation Block)に集約される。

写真3●Googleのファブリックネットワークの構成
[画像のクリックで拡大表示]

 従来型のネットワークは、多数のアグリゲーションスイッチの通信が少数の「コアスイッチ」に集約される「ツリー」型になる。しかしGoogleのネットワークでは、多数のアグリゲーションスイッチと多数の「スパインスイッチ」(図ではSpine Block)とがメッシュ状に接続してあり、いわゆる「ファブリックネットワーク」が構築されている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら