最新の人工知能技術として注目を集める「ディープラーニング(深層学習)」。日本のスタートアップであるPreferred Networks(PFN)は2015年6月、ディープラーニングを実現するためのオープンソースソフトウエア(OSS)である「Chainer」を公開した。PFNはOSSを切り札に、米国市場の開拓を目論む。

 ディープラーニングは、脳の仕組みを模した「ディープ・ニューラル・ネットワーク」というシステムを使用する機械学習の手法。PFNは2014年10月、米Googleや米Microsoftなどの米大手企業が画像認識や音声認識に活用しているディープラーニングを、より幅広い産業領域に適用することを目指して設立した企業だ(関連記事:PFIが深層学習専業の「Preferred Networks」を設立、NTTが出資しトヨタと共同研究も)。

 PFNは、同社に出資するNTT以外にトヨタ自動車やファナック、パナソニックと提携し、ディープラーニングの産業用ロボットや自動走行車への適用などを進めている(関連記事:PFN、ディープラーニングの産業応用でファナック、パナソニックと協業)。これらの研究開発を進めるなかで、「既存のOSSツールを使うのではなく、それらの機能を強化した独自のソフトが必要だと考えた」(同社の西川徹社長)ことから、2015年4月に独自のディープラーニングツールである「Chainer」の開発をスタート。6月にOSSとして公開した。

 Chainerは、データサイエンティストに人気の高いプログラミング言語「Python」を使って、ディープラーニングのシステムを開発できる「開発フレームワーク」である。グラフィックス処理用のプロセッサ(GPU)を使った処理に対応している。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら