2007年に「iPhone」を発売して以来、破竹の勢いだった米Appleの業績が2016年1~3月期にはいよいよ減収に転じる。スマートフォン用プロセッサ大手の米Qualcommの売上高は既に3四半期連続で減少している。米IT大手の2015年10~12月期決算は、スマホの進撃の終焉とクラウドの高成長とで明暗が分かれた()。

表●米IT企業の2015年10~12月期決算(ドル)
*1:AWSは営業利益、*2:2016年2月5日時点
売上高(伸び率)純利益(伸び率) *1時価総額 *2
Apple758億7200万(1.7%)183億6100万(1.9%)5073億
Microsoft237億9600万(-10.1%)49億9800万(-14.8%)3826億
IBM220億5900万(-8.5%)44億6300万(-18.6%)1256億
Alphabet213億2900万(17.8%)49億2300万(5.3%)4598億
Intel149億1400万(1.3%)36億1300万(-1.3%)1336億
EMC70億1400万(-0.5%)7億7100万(-32.8%)472億
Facebook58億4100万(51.7%)15億6200万(122.8%)2790億
Qualcomm57億7500万(-18.7%)14億9600万(-24.1%)634億
Amazon.com357億4700万(21.9%)4億8200万(125.2%)2213億
(AWS)24億500万(69.4%)6億8700万(186.3%)
Yahoo12億7300万(1.6%)▲44億3400万(―)253億

 Appleは16年1月26日(米国時間)に発表した15年10~12月期決算に関するプレスリリースで、16年1~3月期の売上高が500億~530億ドルの間になる見込みだと明かした。15年1~3月期の売上高は580億100万ドルであり、前年同期比で見ると10%前後の減収になる。

 Appleは15年10~12月期決算で売上高、利益とも過去最高を記録したが、iPhoneの売上高は前年同期比1%増。それが16年1~3月期には減少に転じるもよう。同社は「Apple TV」や「Apple Watch」など新規デバイスの販売に力を入れており、これらを含む「その他プロダクト」の売上高は43億5100万ドルと同62%増加しているが、売上高はiPhone(516億3500万ドル)の1割未満。iPhoneの減速を穴埋めするには至らない。

 Apple同様にスマホの波に乗って急成長を遂げていたQualcommは、Appleよりも先に減収に直面した。Qualcommが減収に転じたのは15年4~6月期のこと。それ以来、3四半期連続で減収が続いている。減収率も拡大が続いており、15年10~12月期の売上高は57億7500万ドルで同18.7%減少した。16年1~3月期の売上高見込みは49億ドル~57億ドルで、同20%前後の減収が続く見込みだ。

 スマホに関してAppleやQualcommよりもさらに状況が悪いのが米Microsoftだ。同社の15年10~12月期決算では同社のスマホ売上高は同49%減少した。Microsoftは15年7月に、フィンランドNokiaから買収したハード部門(Nokia Devices and Services)で7800人の人員削減を行うなど、大規模なリストラ策を発表している。

 Microsoftにとって救いなのは、「Microsoft Azure」の売上高が同140%増加、「Office 365」の売上高が同70%増加するなど、クラウド事業が順調に推移していることだ。Microsoftのクラウド事業の売上高は通年で94億ドル(1ドル115円換算で約1兆800億円)を突破する見通しだ

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら