FinTechは、「預金」「融資」「為替(決済)」という銀行の三大業務と呼ばれる分野に革新を持ち込んでいる。特に、伝統的ビジネスモデルでは実現が難しいスピードと柔軟性を武器にする「オンライン融資」は、新たな融資ニーズを掘り起こしている(図1)。

図1●FinTechの主な領域
[画像のクリックで拡大表示]

 楽天カードは2013年4月、楽天市場の出店事業者向けに「楽天スーパービジネスローン」を開始。2015年1月には、初回審査を通過した事業者に対して、契約更新なしで一定期間継続的に資金提供する「極度方式基本契約」と呼ぶ形態を追加した。貸出金額の上限は3000万円。極度方式基本契約の場合、最短で翌日には資金を提供する。

 アマゾン・キャピタル・サービスも2014年2月、融資サービスを始めた。「Amazonマーケットプレイス」の参加事業者に対して、最大5000万円を融資する。初回は最短5営業日、2回目以降は最短3営業日で入金する。

 EC(電子商取引)モール大手の提供する融資サービスが、短期間で融資審査ができるのには理由がある。銀行とは異なる業務フローを採用しているからだ。楽天は、独自の判定基準を基に、融資申込者の顧客評価、取引情報などを突き合わせ、ほぼ全自動で審査を実行する。人手での判断が必要になるのは、審査可否を明白に自動判定できない一部の案件だけだ。

 銀行の場合、一般的には営業担当者が案件を受け付けた後、融資担当者による稟議が必要だ。ワークフローシステムなどで事務処理の効率化を図る銀行は少なくないものの、どうしてもスピードに差が出る。

 「銀行では融資を受けにくい企業が融資先であることも少なくない」と、楽天カードの勇浩一郎執行役員は話す。「当社が重視するデータは、銀行のそれとは異なる」(勇執行役員)からだという。EC上では出店者の取引情報などが逐次、データとして発生する。詳細な内容は明かさないものの、銀行には取得が難しい取引データを持つことで、独自の融資を可能にしているようだ。

 事業者の取引データを持つのは、ECモール運営事業者だけではない。長年、決済代行サービスを続けてきたGMOペイメントゲートウェイの関係会社であるGMOイプシロンは2015年3月、「GMOイプシロン トランザクションレンディング」を始めた。最短5営業日で融資を実行する。

 GMOペイメントゲートウェイは、サービス提供先の日々の決済データを保有する。「累計1兆円以上の決済データを扱ってきた」と、GMOペイメントゲートウェイの村松竜取締役副社長は語る。この決済データを基に、独自の審査基準を構築。融資先の決済データを照合することで与信を判断し、貸出限度額や利率を割り出す。決算書や担保は不要だ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら