複数の技術を組み合わせる

 最後にビッグデータ時代のリファレンスアーキテクチャーについて説明する。ビッグデータ時代には、これまでのRDBMSのように絶対的な存在となるIT基盤は現時点で存在しない。将来は登場するかもしれないが、しばらくはいろいろなIT基盤を組み合わせ、それぞれで最適な処理を行っていく工夫が必要となる。 

 その際に必要となるのがリファレンスアーキテクチャー(技術体系)である(図6)。「収集」「蓄積」「処理」「分析」「可視化・活用」のレイヤーに大きく分類し、それらを支える「ガバナンス」「インフラ」があり、各レイヤーの中にこれまで述べてきたような要素技術を配置している。どういったビッグデータを活用するときにどのような技術要素を利用すべきなのかをまとめることで、各企業におけるビッグデータ時代の情報系のあり方を定義することができる。

図6●ビッグデータリファレンスアーキテクチャー
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら