アマゾン・ドット・コムといえば、このところスマートスピーカー「アマゾン・エコー(Amazon Echo)」の話題で持ちきりです。

 私も抽選に申し込んで、アマゾン・エコーを購入してみようと思っています。日本向けにいろいろな「スキル(アマゾン・エコーで使うアプリのこと)」も発表されているので、銀行の口座残高を確認したり、株価を確認したりと、しばらくは楽しめそうです。

アマゾン・エコー
出所:ITpro

派手な変化の時代から浸透する段階へ

 今週(2017年11月27日から12月2日まで)はAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)のイベント「リ・インベント(re:Invent)」がラスベガスで開催されます。この一年、アマゾン・エコーと違って、AWSは比較的静かな年だったように感じています。しかしアンディー・ジェシーCEO(最高経営責任者)率いるAWSですから、きっとすごい発表が待っているはずです。私もラスベガスでAWSの変化を実感してこようと考えています。

 AWSの機能は毎年格段に上がっています。昨年のリ・インベントではジェシーCEOのキーノートスピーチで仮想OSやストレージの性能向上が発表されて、そのたびに会場がわき上がっていました。それから数百の新サービスが発表されました。

 しかし毎年性能がどんどん上がり、しかもすごい数の新サービスがリリースされているので、何となく変化に慣れてきてしまいました。最初にリ・インベントに来たときに感じた感動は薄れています。イベントでの派手な変化の時代は少し収まってきて、現場にじっくりとAWSが浸透している段階に来たということなのかもしれません。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら