オラクルのマーク・ハードCEO(最高経営責任者)は年次カンファレンス「Oracle OpenWorld(OOW)2017」の基調講演で、2025年のクラウド市場について「企業ITの80%はクラウドサービスへシフトするだろう」と予想していました。

 オラクルが狙うのはクラウドが当たり前になった世界です。そこは同時にAWS(Amazon Web Services)やマイクロソフト、グーグルなどあらゆるIT企業が狙っている世界にほかなりません。しかもクラウドサービスは必然的に、どの企業が手掛けてもバーティカルソリューションになる傾向が強くなります。

 オラクルはデータベースをはじめとする得意な領域だけでなく、ワークデイやセールスフォース・ドットコムなどが提供している人事や経理などのアプリケーションサービス、AWSに対抗できるクラウドネイティブなPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)環境、さらにマイクロソフトが得意とするオフィスソリューションまでをOracle Cloudに取り込むつもりです。「全部入りのクラウドサービス」を狙っているのはAWSやマイクロソフト、グーグルも同じです。

(提供=123RF)

クラウドを使うほどバーティカルな牢屋につながれる

 どのクラウドベンダーも自社の顧客企業を何とかロックインしようとしています。例えばAWSは、クラウドネイティブなアプリケーション開発プラットフォームとしてLambda(ラムダ)を提供しています。競争力の高いサーバーレスアプリケーションを素早く作れるようにするものです。

 ところが一度Lambdaを使って開発を始めると、そこから離れるのは容易ではありません。AWSを止めて他のクラウドサービスを使おうとしても、簡単にはいかないのです。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら