ID管理、アクセス管理というと、とても専門性の高い分野だという印象を持たれると思います。実際、ID管理はとても奥深い専門領域です。野村総合研究所(NRI)にID管理・アクセス管理の専門家がどれほどいるか、実際に調べたわけではありませんが、従業員1万人の1%にも満たないのではないかと思います。

 この分野でとりわけ有名なのが、私の元部下の崎村夏彦上席研究員です。彼は長年この分野で活動しており、現在はOpenIDファウンデーションの理事長を務めています。

「当社がアカウントアグリゲーション(異なる金融機関の口座情報を集約・表示するサービス)を始める少し前に、『OFX(Open Financial Exchange)をやってみろ』と楠さんに言われました。マイクロソフトに当時いた高沢(冬樹)さんが『OFXの日本向け拡張に参加してほしい』と依頼してきたのがきっかけです。OFXは、マイクロソフトとインチュイットが共同で進めていた金融API(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)を標準化したものです。それが巡りめぐって、IDを標準化するOpenIDファウンデーションの金融APIワーキンググループの活動へと発展していったんですよ」

 崎村くんにこう言われるまで、全然忘れていました。確かにそんなことを彼に言った覚えがあります。アカウントアグリゲーションとOFXについては後で触れるとして、私はIDの話に興味を持ちました。

「私と一緒にIDの標準化活動を担当しているのはグーグルのプロダクトマネジャーです。彼はID部門のヘッドで、最近は部下が2000人もいて『とてもやっていられない』とぼやいていますよ」
(提供=123RF)

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら