最近、よく耳にするキーワードにSoR(System of Record)とSoE(System of Engagement)があります。米国でネットベンチャーが開発しているアプリケーションや、クラウド上でのアプリケーションを説明するときに、必ずといってよりいほどSoEというキーワードが使われます。私もなんとなく分かったような気持ちで聞き流していたのですが、なんとなくしっくりくる言葉ではないなと思っていました。

 セールスフォース・ドットコムのプレゼンテーション資料について社内の若手と議論しているときに、またSoEが登場してきました。SoEに対する企業の投資が加速しており、SoEの実現に最適なプラットフォームを提供するのがセールスフォース・ドットコムのソリューションだというのです。何しろハイテク企業の53%がSoEへの投資を優先していると書いてあります。

(提供=123RF)
[画像のクリックで拡大表示]

楠「SoEっていったいなんなのかね」。

A君(そんなことも知らないのかという調子で)「SoEは攻めのシステムですよ。SoRは勘定系やOracleです。それに対してSoEはDevOpsとかですよね」。

楠「そうなんだっけ。それじゃEngagementっていったいどういう意味で使っているのかな。約束というような意味だよね」。

B君「私も深く考えたことはなかったんですが、ちょっとググってみました。確かに色々な解釈があるんですね」。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら