業務から収集できる様々なビッグデータを実際の事業に生かすにはIT部門主導の“仕組み”作りが必要だ。各社の取り組みから浮かび上がるのは、スモールスタートでのツール導入や分析する前の入念な準備、部門を越えた協力体制など、心がけるべき三つのポイントだ。IT部門の地道な取り組みが、成功に結び付いた事例を紹介する。

 「年間コストが1000万円以上削減できた」「生産性が5%向上した」「グループ各社へ分析結果を拡大している」――。

 ポイントカードの利用履歴や、店舗の営業利益といったデータをうまく分析して、業務の改善につなげた企業の成果だ。一つの部門で成果を収めた後、部門から部門へと拡大するケースもある。

 いずれの場合もIT部門は、分析するシステムを構築するためにデータの取捨選択や整理、現場へのヒアリングなど入念な事前準備と、定着のための努力で貢献した。

 本特集では、ビッグデータを分析して成功を収め、範囲を拡大し続けている企業の事例を紹介する。成功を収めるために欠かせない、三つのポイントを集約した。

写真:Getty Images
[画像のクリックで拡大表示]

 たった30人から始まった工数削減の取り組みを、海外拠点まで拡大するヤマハの事例からは「ビッグデータの道も一歩から」。データ整理を地道に続けている神戸製鋼所からは「分析前に勝負は決まる」。「データはみんなのために」は、全社員が分析に取り組むメガネスーパー、グループ20社と分析結果を共有する京阪電気鉄道の事例から学ぶ。

 ビッグデータを分析して事業に生かす、IT部門の取り組みを見ていく。

データの選別・整理のために現場からヒアリングした、ヤマハIT推進グループの宮田智史主事 

 30人から始めたデータ分析の取り組みを、中国やマレーシアなど海外15拠点へ導入しようとしているのがヤマハだ。同社は2013年3月、子会社が保有する豊岡工場(静岡県磐田市)の基板実装工程にBIツールを導入。作業担当者の生産性に関するデータの収集・分析を始めた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら