Apple Watch Series 2(以下、Apple Watch)でSuicaが使えるようになった。これまで、1カ月ちょっと使ってみているので、便利に感じた点や、遭遇したトラブルのてん末を紹介していこう。

 Apple WatchでSuicaを使うには、当たり前だがiPhoneが必要だ。というより、そもそもApple WatchはiPhoneがなければ使えない。AppleのWebページを見ると、iPhone 6以降なら利用できるようだ。僕は、事前にiPhone 7 Plusを入手していたので、最新の組み合わせで利用している。

 実は、Apple Watchを購入した動機は、Suicaを使うためではない。単体でGPSが機能するようになったのでアクティビティモニターとして便利だと考えたからだ。僕はロードバイクで走るのが趣味なので、そこで活躍している。

 Apple Watchは、Series 2に進化して、よりスポーツを意識した時計へとシフトしているように感じる。耐水性能を得たのが象徴的だし、AppleのWebページを見ても、そう感じる。

 主目的はスポーツだが、もちろん、使えるのならSuicaも利用したい。早速使い始めたのだが、最初に情報を登録する時点で、少々ややこしい思いをする。

 というのも、iPhone 7で利用するSuicaとは、別のSuicaカードを用意しなければならないのだ。これは運営側の都合なのだろうが、ユーザーの使い勝手としては最悪だ。そもそも面倒な上に、2つのSuicaを運用することになると、それぞれに残高をキープするので、金銭的にもちょっといただけない。

 クレジットカードは1枚を両方のデバイスで使えるのだから、なんとも情けない話である。

入手したAppleWatch。前モデルよりも少し分厚くなっているが、気にならない範囲だ。(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
2枚のSuicaカードを使うことになり、それぞれに残高をキープしなくてはならない。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら