今回はドン・キホーテが発売した激安パソコン「MUGA ストイックPC」をレビューする。パソコンは以前より低価格化が進んだとはいえ、普通のスペックのモバイルノートなら、まあ10万円程度はする。ところが、この製品は1万9800円(税別)という信じられない価格なのだ。

 その昔ネットブックと言われる2万円を切るパソコンがちょっとしたブームになったことがあった。それらは液晶画面も小さく、見た目からして「それなり」だった。

 ところがMUGA ストイックPCは、ごくごく普通のパソコンに見えるから恐ろしい。普通は、外観をパッと見ただけなら、10万~15万円くらいする法人向けモデルだと思ってもおかしくない。

 いや、そう思うだろう。ある意味ではなかなかよくデキてているのだ。

 だがこの価格でまともに使えてしまうと、他のパソコンの存在価値がない。ということで、何がどう違うのかをチェックしていこう。まずは、とてもよく見せている外観からだ。

ドンキの激安パソコンは、14インチの大画面だ。(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら