日本HPからパソコンの新モデルが多数発表された。このところ国内でシェアを伸ばしているとされる勢いのあるメーカーだけあって、魅力的な製品が勢ぞろいしている。

 今回はそんな中から、「HP EliteBook x360 1020 G2」を取り上げる。法人向けのモデルだが、個人でも購入可能だ。HPの個人向けモデルはかなり派手なカラーを採用している製品も多いので、落ち着いた製品を選びたいなら法人向けがお薦めだ。結局のところ、モバイルノートに関しては個人で買って仕事に使うというケースも多いはずだ。

 HP EliteBook x360 1020 G2は回転型の2in1モデルで、以前からラインアップされている13.3型ノート「HP EliteBook x360 1030 G2」の小型版だ。最近は2in1の人気が高い一方で、従来同様の普通のクラムシェルも復権してきている。「タブレットとしてはあまり使わない」というユーザーがそれなりに多いためだろう。あるパソコンメーカーに、利用度合いを調査した結果を聞いたところ、2in1モデルでもタブレットとして利用する機会が多い人は2割程度だったという。

 基本的にはクラムシェルとして使い、たまにタブレット的に利用するなら、HP EliteBook x360 1020 G2のような回転型が向いている。しっかりしたキーボードが付いていた方が打ちやすいし、拡張性もそれなりに確保されているからだ。Surface Proのようなタブレット型の本体に薄型キーボードを組み合わせるモデルは、スリムで良いのだが、拡張性が低いし打ち心地が劣るケースも少なくない。

今回取り上げるHP EliteBook 360 1020 G2は、法人向けのモデルだ。(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
液晶を360度回転してタブレットのように利用できる。
[画像のクリックで拡大表示]
回転式の2in1なので、このような使い方も可能だ。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら