たくさんの製品を日々レビューしているが、「これぞ!」というものにはなかなか出会わない。スペックや機能を見るとよいと思える製品でも、ライバルと比べたり、価格をチェックすると結果的に「まあまあ」と判断せざるを得ないことも多い。

 ところが、今回は久々に超お薦めモデルを取り上げることができた。

 取り上げるASUSの9.7インチタブレット「ZenPad 3s 10」は、高級タブレットながら4万円を切る手ごろな価格で購入できる。僕自身はタブレットが大好きで、よく使っている。生産性向上には欠かせないツールだと確信している。ということで、人気のiPad Proと比較しつつ、その魅力を紹介していこう。

 Androidタブレットの市場はイマイチ元気がないのも事実。だからライバルが少なく、この製品が目立っているという側面もある。ちなみに、個人的には、即買いを決めた!

「ZenPad 3s 10」は、コスパがよい高級タブレットだ。(撮影:アバンギャルド)
[画像のクリックで拡大表示]
本体のデキもなかなかで、金属のボディーは高級感がある。
[画像のクリックで拡大表示]

iPadの牙城を崩せそうな魅力がある

 ZenPad 3s 10の液晶サイズをチェックしたときに、iPadを強く意識していると確信した。もっとも、Androidタブレットの中でiPadを意識していない製品などないのかもしれない。

 これまでは、スペックやデザインではiPadにかなわなくても、価格を大きく下げることで異なるユーザー層を狙う製品が少なくなかった。ところがZenPad 3s 10は、真っ向正面から勝負を挑んでいるのだ。

 ZenPad 3s 10の液晶は9.7インチと、iPadと同じサイズではないか!解像度も2048×1536ドットとまったく同じだ。これはなかなか面白い勝負になりそうだ。

 本体からチェックしていこう。ZenPad 3s 10が優れていると思うのは、そのサイズだ。

製品サイズ重さ
ZenPad 3s 10240.5×163.7×5.8ミリ430グラム
iPad Pro(Wi-Fiモデル)240×169.5×6.1ミリ437グラム

 その差は微妙とはいえ、すべてにおいてiPad Proに勝っているではないか。しかも、個人的に素敵だと思うのが横方向のベゼルの狭さだ。これにより、見た目にもスマートで持ちやすいと感じる。

iPad Pro(下)と並べると微妙に小さいことが分かるだろう。
[画像のクリックで拡大表示]
厚さでも微妙に勝っている。まあ、見た目ではほとんど分からないのだが。
[画像のクリックで拡大表示]
最も違いを感じるのはベゼルの狭さだ。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら