最近、にわかに手書きタブレットが活況を呈してきた。「Surface」をはじめとするWindows陣営のタブレットにはデジタイザーを搭載したモデルが少なくない。また、発売が間近い「iPad Pro」も新たに手書きに対応しており、間違いなく話題の製品になりそうだ。

 実際には、タブレットの売れ行きは芳しくないわけだが、各社が手書きに期待し、活路を求めているのだろう。

 今回製品を借りた東芝も、かなり前から手書きモデルを投入している。ワコムと共同で独自のペンを開発し、アプリにも力を入れてきた。それでも、これまでのモデルには、液晶がダイレクトボンディングではなかったり価格が高いなど、いくつかの課題点があった。僕としては、60〜70点程度しか付けられないモデルが多かったのだ。

 ところが今回、満を持してWindows 10搭載の新製品「dynaPad N72」を投入。これまでの手書き技術を盛り込んだ、現時点での集大成と言える製品だ。それは、「dynaPad」という新しい名称が付けられていることからも分かる。

 ここでは、主に紙のノートに変わる手書きデバイスとしての魅力を、Surfaceとも比較しつつレビューしていこう。なお、担当者へのインタビューを含めた詳細な製品チェックは「買うか買わぬか思案中」でも展開していく予定だ。

ノートパソコンのように見える「dynaPad」だが、基本的にはタブレットだ。(撮影:戸田 覚、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
タブレットに外付けのキーボードという組み合わせ。個人的には2in1と呼びたくはない。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら