ASUSは相変わらず新しいパソコンを矢継ぎ早に投入している。今回新たに、フラグシップモデルとも言える「ZenBook 3」の最上位機「ZenBook 3 Deluxe」が登場した。

 外観は、まさにZenBookのそれである。独自のスタイルをキープしつつ、高性能なハイエンドモデルとして投入してきたのだ。早速その魅力をレビューしていこう。

 さて、まず注目すべきはディスプレイで、1920×1080ドットのフルHD液晶が、なんと14インチだ。極薄のモバイルノートというと、その多くが12~13インチだっただけに、ちょっと新鮮な大画面だ。

 気になる重量は1.2キログラムと、日常的に負担なく持ち歩ける軽さに収まっている。

 14インチのモバイルノートというと、レノボ・ジャパンの「ThinkPad X1 Carbon」が頭に浮かぶだろう。このサイズでずっとトップを走ってきた製品だからだ。

 両者を比べると、ZenBook 3 Deluxeのほうが少し大きく、若干重い。しかし、薄さでは軍配が上がる。スタイリッシュなのはZenBook 3 Deluxeで、ThinkPad X1 Carbonは質実剛健といった印象だ。

見た目はZenBookらしいデザインだ。厚さは12.9ミリと、とてもスリム。(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
「ThinkPad X1 Carbon」(手前)と比較すると、底面積が若干大きい。
[画像のクリックで拡大表示]
15.95ミリのThinkPad X1 Carbon(左)よりも一段と薄い。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら