VAIOから、久しぶりに新しいパソコンが登場する。VAIO Sがフルモデルチェンジしたのだ。VAIO Sは、11、13、15インチ液晶のモデルを用意するVAIOの中でも中核となる製品だ。ここでは、13インチモデル(以下、新VAIO S13)を取り上げていこう。

 そもそも、13インチモデルは携帯ノートの中でも、最も一般的なサイズの製品だ。だからこそ奇をてらうのではなく、安心して使えることをテーマにしている製品が多い。

 特にビジネスユーザーからは、あまり変わらない「継続性」が求められるという。確かに、会社で一律にパソコンを購入して、新たに追加購入したらデザインが大きく変わってしまう、というのもよろしくない。

 逆にコンシューマは、デザインを含む進化を気にする。

 大きくは変えられないけれども、しっかりと進化する――。その絶妙なバランスが素晴らしい。今回は旧モデルとも比較してみることにした。

新登場のVAIO Sは継続性がテーマなので、旧モデルと大きく変わってはいない。(撮影:アバンギャルド)
[画像のクリックで拡大表示]

高級感のある仕上げにホレる

 今回借りたのはブラックだが、仕上げがとてもいい感じだ。天板と底面はつや消しの黒で、細部までしっかりきっちり作られている。液晶パネルを開くと、キーボード面が目に飛び込んでくるのだが、ここが旧モデルとは大きく変わっている。

 旧モデルはキーボードとパームレストの部分に段差があり、パーツも異なっていた。ところが、新VAIO S 13は、キーボード面をアルミの一枚板としている。金属だけに剛性が高く、強めにタイピングしたときのたわみが気にならない。

 また、段差がないのでゴミがたまりづらいメリットもある。仕上げはアルマイト処理で、塗装に比べると強度も高い。

 ぱっと見は、間違いなくVAIO Sなのだが、より高級になった印象が間違いなく伝わってくる。そもそも、旧「VAIO S」は「VAIO Z」という兄貴分のモデルがあったので、どうも「格下感」が否めなかった。

 ところが今回のフルモデルチェンジによって、外観全体のイメージはほぼ踏襲しつつ、細部のデザインや部材を徹底的に見直し、より高級なモデルとして生まれ変わっている。

天板はつや消し黒でとても高級感がある。
[画像のクリックで拡大表示]
シルバー(下)が旧モデルなのだが、デザインは非常に近い。ぱっと見では違いがわからないほどだ。
[画像のクリックで拡大表示]
旧モデル(右)はキーボード部分とパームレストが別れていたが、新モデル(左)では一体化した。
[画像のクリックで拡大表示]
キーボードは汚れが付きにくい処理が施されている。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら