ついにiPhone 7が登場した。さっそく開封からのファーストインプレッションをお届けしよう。製品が登場する前から変更点は伝えられてきた。そこで今回は、実物を触って、実際に新機能がどの程度のインパクトがあるのかをチェックしていきたい。あくまで、僕が気になった点を掘り下げていく。

 外箱はこれまで同様の紙製で、ボディー色がジェットブラックならパッケージは真っ黒だ。箱のふた部分に位置しているiPhoneの画像は立体的になっていて、手で触れると出っ張っていることが分かる。相変わらず、美しさを感じるパッケージだ。

 さて、箱を開けてこれまでとの違いを感じるのはイヤホンだ。イヤホンのコネクターがLightning端子になったのは知っていたものの、実物を見ると新鮮だ。また、従来のイヤホンを接続するためのアダプターも標準で付属している。アダプターの利用は面倒なので、よく使うイヤホンに付けっぱなしにしておくとよいだろう。

 複数のイヤホンやヘッドホンを持っている人は、恐らく今後発売されるであろうサードパーティー製の安価なアダプターを手に入れて、それぞれに装着しておくのが正解だと思う。

 試しに、付属のLightning端子付きのイヤホンを「iPhone 6s Plus」で使ってみたが、問題なく再生できた。

パッケージは相変わらず、すてきだ。
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
イヤホンとアダプターは1つのケースで前後に配置されている。
[画像のクリックで拡大表示]
Lightning端子に接続したイヤホン。
[画像のクリックで拡大表示]
こちらは、アダプターをつないだところ。
[画像のクリックで拡大表示]
ACアダプターは旧モデルとほぼ同じだと思われる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら