この連載でどんな製品やテーマを取り上げるかは、1カ月くらい前に決めることが多い。今回については、8月の末に決めた。夏の終わりの時期は、僕にとってはちょっと困ることが多い。というのも、お盆の前後には新製品の発表が少なく、いわゆる“夏枯れ”が起きるのだ。

 困った僕はリサーチのために、価格.comの売れ筋ランキングの製品をチェックしてみた。すると、中国ファーウェイの「MediaPad T2 7.0 Pro LTEモデル」が、なんと1位ではないか。その後この製品の評価機を借りて記事を執筆している9月6日の時点でも、堂々の2位だ。

 パソコン全体のランキングなので、格安A4ノートからiPad、ルーターなども並んでいる。その中で、トップクラスの人気のようだ。

 そもそも、Androidタブレットの人気は、以前と比べてがた落ちになっている。iPadすら最近は元気がなく、タブレット全体が“地盤沈下”を起こしているのだ。そんな中でよく売れているタブレットだけに、どこがすごいのか改めてチェックしてみた。

 ちなみに、最安価格は2万4137円(記事執筆時点の価格.com調べ)。この金額は送料込み、税込みなのでとても安い。もちろん、評価は価格込みで考えていく。

 液晶サイズは7インチで、タブレットとしてはとてもコンパクトだ。全体のたたずまいは、なかなかいい。特に横方向のベゼルが細く、なかなかにスタイリッシュだ。

横方向のベゼルが細く、スタイリッシュな「MediaPad T2 7.0 Pro」。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら