iPad Proが昨年登場したのだが、僕は今年になって早々にようやく購入した。これまでも深掘りレビューなどで詳しく取り上げてきたが、今回は購入後のリアルな印象をお届けしていこう。

 実は僕としては珍しく、購入をかなり迷っていた。すでにiPad Air 2を愛用しているので、用途が被るのではないかと思案していたのだ。この点は、多くのユーザーが同じように考えると思う。

 そもそも、スマホ以上の使い勝手を求めた結果としてiPadを所有している人が多いのではないだろうか。つまり、「スマホでは画面が小さいからiPadを手に入れた」わけだ。スマホやパソコンで十分だと思っているなら、iPadを購入しない。

 同じように、iPad Proを購入する可能性のある人の多くが、すでにiPadを持っているのではないか。その上でさらに何かを期待して、この大画面モデルを手に入れる。そう考えると、税込み価格が10万円を超えるiPad Proを手に入れるユーザーはさほど多くないと考えられる。

 僕自身もずっと「iPad Air 2があれば十分ではないか」と、購入を悩み続けてきたのだ。ちなみに、その前はiPad miniも利用していたが、iPad Air 2が極薄軽量になった時点でしまい込んだ。両方の用途が完全に被るからだ。

「iPad Pro」はセルラーモデルを購入した。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら