新たに購入した「ThinkPad X1 Yoga」の環境設定を楽しみながらやっています。設定作業としては大きく、アプリのインストールと、システムなどの設定変更があります。

 アプリのインストールは、使うものが決まっているなら単純な作業です。ただモバイルPCではストレージ容量が潤沢ではないのと、バッテリー駆動で使うので消費電力を考慮する必要がある点で、デスクトップPCと同じアプリをそのまま入れるというわけにいきません。

 Windows 10も「RS3(開発コード:Redstone3)」となり、大きく変化しています。特に、UWP(Universal Windows Platform)アプリは、バックグラウンド動作をOSが管理し、使われていないと停止したり、メモリー上から外したりします。モバイル環境に向いているわけです。

 そこで今回は、できるだけUWPアプリを利用するという前提で環境設定を考え直しました。

 出張など、外出先でさまざまな作業をすることを考えると、必要なものは入れておく必要があります。多くは通常のデスクトップアプリケーション(Classic Windows Application、CWAということがあります)です。ストレージ容量に注意するのはもちろんなのですが、バックグラウンドで動作しつづけるWindowsサービスをインストールするものがあるので注意が必要です。

 かつて外出先でPCを使う理由の一つは、電子メールの利用でした。単にメールを読むだけなら、携帯電話でもできるのですが、作成したファイルを送受信する、長文のメールを書くといったことは、PCでないと大変です。

 しかし高性能なスマートフォンが登場し、表計算ファイルの編集程度なら、スマートフォンでも可能になってきました。電子メール以外のコミュニケーション手段も増えています。例えば、SNSやメッセンジャー、チャットによるリアルタイムのコミュニケーションや、SkypeなどのIP電話アプリケーションもあります。「家族との連絡はすっかりLINE」という人も少なくないでしょう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら