写真1●Windows Insiderプログラムのホームページでは、すでに新しいPCの参加が停止した状態になっている
「新しいPCをWindows Insider Programに掲載しません」とは自動翻訳の結果で英語では「we’re not onboarding any new PCs to the Windows Insider Program」(WIPには新規のPCを参加登録しません)となっている。
[画像のクリックで拡大表示]

 来週7月29日にいよいよWindows 10の出荷が開始されます。いろいろと誤解もあるようなので、この29日に起きることを解説しておきましょう。

 公式には、Windows Update(以下WUと略します)による既存のWindowsの無償アップデートが始まります。これには順番があって、最初に現在Windows Insider Program(同WIPと略します)に参加しPreview Buildを実行しているユーザーから始まります。

 このユーザーは世界中に500万人ほどいるそうです。WIPに参加したユーザーへの配布が終われば、次は、既存のWindows 7や8でアップグレードを予約したユーザーへの配布が始まります。WIPに参加したユーザーへの配布がいつ終わるのかは分かりませんが、おそらくは1週間以上かかることはないと思われます。なお、このリリース開始は、世界中で現地時間の7月29日となるそうです。なので、日本のほうが米国などよりも先にアップデートが開始されそうです。

 このとき配布されるのはWindows 10 Homeと同Proの2つのエディションのみです。WUで直接アップグレードが可能なのは、Windows 7ではSP1が適用してあること(Ver.6.1.7601)、そしてWindows 8では8.1 Update(Ver.6.3.9600)であることです。これ以外、たとえば、Windows 8.0のままになっているような場合には、いまのうちにWindows 8.1 Updateにアップグレード(無料)しておきましょう。そうしておかないとWindows 10にアップグレードできません。

 また、現在WIPで配布されているBuild 10240には、「TH1」という名称が付けられています。これはおそらくWindows 10のコードネームである「Threshold」から来ており、RTM(Release To Manufacturing)の候補になるものだと考えられています。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら