みなさん、モバイルしていますか? 年末のこの時期にうれしいニュースがありました。アップルのワイヤレスヘッドフォン「AirPods」の発売です。発売日が延びに延びて、年内発売は難しいかなあ、と思っていたところ、急遽発売と発表。私は、友人がFacebookでAirPods発売をつぶやいているのを見て、慌てて申し込みました。運良く、発売日の発送となり、無事入手しました。すぐに一カ月待ちになってしまったようで、タイミングが良かったです。

待ちに待ったアップルのワイヤレスヘッドフォン「AirPods」
[画像のクリックで拡大表示]

 AirPodsが欲しいと思った理由は、アップルの初物製品であることと、左右独立型のBluetoothヘッドフォンがずっと欲しかったからです。アップルの初物の製品は、どうしても欲しくなってしまいます。iPhone 3G、iBook、MacBook Air、iPod shuffle、古くはデジカメQuickTake、PDAのNewtonと購入してきました。初物はいろいろ苦労はするのですが、未体験な使用感を試せるので、楽しく利用できます。

 Bluetoothヘッドフォンに関しては、多くの機種を所有してはいるのですが、決定打に欠ける使い勝手で、結局、有線ヘッドフォンに戻ってしまいました。それでも、注目していたのは、左右分離型Bluetoothヘッドフォンです。左右が分離することで、左右のそれぞれの端末がワイヤレスでつながりますので、本当の意味の“ワイヤレスヘッドフォン”となります。ただ、左右分離型は、バッテリーの持ちが短い機種が多く、また、価格も高いため、二の足を踏んでいました。

 AirPodsは、Bluetoothヘッドフォンで分離型としては、リーズナブルな価格で、さらに、アップルとして初の分離型のBluetoothヘッドフォン。1回の充電で5時間利用できるというバッテリー。買わない訳にはいきません。ただ、発売日が延期になってしまい、他社製ヘッドフォンに目移りしているときに、突然の発売発表がありました。オンラインのApple Storeにて思わず購入してしまいました。1万6800円(税別)です。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら