みなさん、モバイルしていますか?

 ファーウェイ製のスマートフォンは、リーズナブルな価格のハイエンド機種と、さらにliteバージョンを同時にリリースして、高いコストパフォーマンスを発揮しています。他社が追随できないほどの新機種をリリースしていることも特徴です。

 そのファーウェイが、ハイエンドの新機種をリリースしました。世界初をうたう技術を惜しげなく注ぎ込んだ「HUAWEI Mate 10 Pro」です。

HUAWEI Mate 10
(撮影:伊藤 浩一、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 Mate 10 Proは、NPU(Neural network Processing Unit)と呼ぶAI機能を持つとされるファーウェイ独自のチップセット「Kirin 970」を搭載したスマートフォンです。NPU搭載のメリットはいくつかあります。

 まず、ユーザーに合わせて処理を学びながら最適化していくため、処理速度の向上と省エネになります。このAI機能と4000mAhのバッテリーによって、バッテリーはヘビーユーザーでも1日以上、普通のユーザーなら2日間持つと、ファーウェイからアナウンスがありました。

バッテリー管理画面
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら