みなさん、モバイルしていますか? 2016年もそろそろ終わりますが、今年も沢山のスマートフォンがリリースされました。特に、SIMフリースマートフォンが各種発売された年でした。MVNOサービスの格安SIMの普及当初は、SIMフリースマートフォンといえば格安スマホという感じでしたが、徐々に市場が広がるに連れて、SIMフリースマートフォンとして、各メーカーのフラッグシップ端末が投入されるようになってきました。大手通信会社によるスマートフォン新機種の種類が減っているなか、SIMフリースマートフォンは多くの機種がリリースされており、活況を呈しています。

 SIMフリースマートフォンのニーズとしては、月額運用費の安い格安SIMによる利用がほとんどだと思います。価格もなるべく安い端末を選択したいところです。しかし、格安SIMも、通信専用SIMではなく通話SIMを利用して、大手通信会社からMNPで電話番号を移行して、メイン端末として利用するユーザーが増えています。その結果、SIMフリースマートフォンにも、ある程度のスペックを求めるようになってきました。

 さらに、各メーカーのフラッグシップと呼べるSIMフリースマートフォンも投入されています。高機能を求めるユーザーが出るほど、SIMフリースマートフォン市場が成熟してきた証だと思われます。4万円以上という価格帯で、各メーカーの特徴のある端末がリリースされています。

 その2016年を象徴するフラッグシップスマートフォンがFREETEL「KIWAMI2」が12月22日に発売予定です。予価は49,800円です。今回は写真で紹介したいと思います。発売前のデモ機のため、製品版と違う場合がありますので、ご了承ください。

FREETELの「KIWAMI2」
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら