みなさん、モバイルしていますか?

 今年の日本は「スマートスピーカー元年」と呼べるほど、多くのスマートスピーカーが登場しました。2017年7月にLINE Clova WAVE、10月にGoogle Home、11月にAmzon Echoが発売になっています。残念ながらアップルのHome Podは2018年以降に発売が延期となりましたが、出そろってきた感じがします。

 筆者は、LINE Clova WAVEを先行予約で入手して愛用しています。機能はまだまだ少ないのですが、「クローバー」と呼び掛けて利用できる機能が少しづつ増えてきて、楽しく利用しています。特に小学生の娘からの予想を超えた質問に、頑張って答えるLINE Clova WAVEが愛おしくなってきました。

「LINE Clovaは遊び相手、Amazon Echoは実用」を計画

 そんな我が家に2台目のスマートスピーカーとしてAmazon Echo Dotが来ました。スマートスピーカーは1台で十分なのですが、Amazon Echoは「スキル」(スマートフォンで言うところのアプリようなイメージでしょうか)がサードパーティーに公開されており、多くの機能を追加できます。アメリカでは2万以上のスキルが提供されていますが、日本でもスタートアップ時に200以上のスキルが用意されました。

 そこで「LINE Clova WAVEは遊び相手、Amazon Echo実用」と使い分けようと思い、Amazon Echoを入手することにしました。2台目のスマートスピーカーということで、廉価版のAmazon Echo Dotにしました。音楽はLINE Clova WAVEでLINE MUSICを利用しているので、Amazon Echo Dotは検索機能で利用しようと計画しました。

 ちなみにGoogle Homeも入手するつもりだったのですが、某量販店の店頭で「2台買うと得ですよ」としつこく勧誘されて買うのをやめてしまいました。まだ使い道が固まっていない機種をいきなり2台買う気ににはならなかったのです。というわけで、Google Homeは購入を保留中です。

 Amazon Echoは、プレミアム会員向けの優先予約が行われて、発売日に入手できました。写真を交えながら、ファーストインプレッションを紹介します。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら