みなさん、モバイルしていますか? スマートフォンが登場して10年以上の歳月が経ち、すっかりスタンダードな製品となりました。日本にスマートフォンが登場する以前に、海外でスマートフォン体験をしたことがあります。2005年に香港に訪れて、“スマートフォン”という端末を初体験しました。何故、香港だったか、というと、当時、海外のスマートフォンを入手するのが困難な時代に、香港には世界中のスマートフォンが売られていたからです。日本のユーザーにとっては、モバイルの聖地のような存在でした。

 2005年当時を振り返ると、日本においては、フィーチャーフォン、いわゆるガラパゴス携帯が全盛で、1990年代からリリースされていたPDA(パーソナルデジタルアシスタント)が絶滅しまった時代でした。

 一方、海外ではさまざまな形態の“スマートフォン”が登場してきたところでした。PDAに通信通話機能を搭載した“スマートフォン”(Palm OSを搭載したTreoなど)、メッセンジャーから発展したBlackeberryを代表とする“スマートフォン”、そして、携帯電話スタイルでありながら、カスタマイズが可能なNOKIAを代表とする“スマートフォン”など、さまざまなスタイルの製品がリリースされた時代です。

 日本のユーザーとしては、PDAを利用するためには、海外製スマートフォンを輸入して、通信規格が日本では使えないGSMだったため、通信をせずにPDAとして単独で利用するのが精一杯でした。それでも、英語版や中国語版のスマートフォンを日本語で使えるようようにするカスタマイズなど、一部PDAユーザーは熱く活用をしていました。

 そんな状況の中、私は、2005年当時にBenQ P50という端末を使っていました。Blackberryタイプのキーボードを搭載しながらも、Windows Mobileを搭載しており、こちらの端末を日本語化して、PDAとして利用していました。元来スマートフォンとしての機能を持っていますで、携帯回線による通話と通信ができる端末です。どうしても、BenQ P50をスマートフォンとして活用したくなり、端末を握りしめて香港に行ってしまいました。

 香港で入手したSIMカードを挿して、通話と通信ができたときの感動は、今でも覚えています。PDAとして利用していた端末が、スマートフォンに変身した瞬間でした。日本においては、携帯電話と情報端末が分離していた時代に、スマートフォンという融合した端末を経験できたのです。

 そんな体験ができた香港には、モバイル体験のために、何度か訪れています。例えば、ウィルコムのHYBRID W-ZERO3はトリプルSIM仕様で、GSM用W-SIMを利用することで海外ローミングが利用できる製品です。その端末を試すために、香港まで行きました。今回、行くたびに新しいモバイル体験のできる香港に3年ぶりに行ってきました。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら