みなさん、モバイルしていますか? 各通信会社やメーカーによるスマートフォンの冬春モデルの発表も一段落して、新機種の購入をいろいろ検討されている時期かと思われます。中でも、Windows 10 Mobileを搭載したWindows 10スマホについて、6メーカーが開発しているとの発表がありました。今後、スマートフォン動向の台風の目になりそうですね。個人的にとても楽しみです。

 さて、スマートフォンの新機種への購入や機種変更が落ち着いたときに、次に興味が出るのが、周辺機器です。ケース、ケーブル、モバイルバッテリー、Bluetoothキーボードなど、スマートフォンを便利に活用できる周辺機器がたくさんリリースされています。数多くの周辺機器から選択するのも楽しい作業ではありますが、今回はちょっと珍しい、そして今後、増えてきそうなサービスを紹介したいと思います。スマートフォン周辺機器を3Dプリンターで自作する、というサービスです。

 3Dプリンターは、ご存知のように、自分の好きなデザインで成形ができるプリンターです。利用シーンによっては強度に不安のある場面もありますが、スマートフォンのような周辺機器を作成するには、大きさや強度が丁度良い感じです。

 この3Dプリンターで利用できるスマートフォン用周辺機器のデータを公開しているサービスがあります。「MATENRO-HK」(http://kaimonotai.isl.hk/)です。ここで公開されているデータでユニークな商品がありましたので、紹介します。 「iPhone型SIMカードケース・MATENROオーガナイザー」です。

 このケースは、SIMカード、SDメモリーカード、マイクロUSB-Lightning アダプター(アップル製)、SIMトレイピンなどを収納できるケースです。特徴は、iPhone 5、iPhone 6、iPhone 6 Plusの大きさが用意されているので、iPhoneケースに収納できることです。蓋付きのiPhoneケースに付けることで、使いやすいアイテムとなります。

 今回、3Dプリンターで作成したサンプルをお借りしましたので、ご紹介します(写真1~4)。

写真1●3Dプリンターで作成した「iPhone型SIMカードケース・MATENROオーガナイザー」のiPhone 6 Plusサイズ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら