みなさん、モバイルしていますか? スマートフォンやタブレットを便利に活用していますが、悩みの種は通信料です。複数端末を使っているため、どうしても回線ごとに、月額費用が発生します。このような複数回線を利用しているユーザーは、MVNOサービスを利用すると、月額費用を抑えることができます。通信データ量など制限はありますが、通信会社の数分の一の料金で利用が可能です。

 私も、MVNOサービスを複数利用しているのですが、メイン回線だけは、NTTドコモを利用していました。しかし、さすがに割高に感じてきていました。15年以上の長期契約なのですが、長期契約のメリットもあまり感じられない状況です。9月で、2年契約の節目となり、MNPをしても途中解約費用が発生しないため、MVNOサービスにMNPを実施することにしました。MNP先は、自宅でADSL回線を利用しているNiftyの「NifMo」にしました。回線利用をしていると、月額200円の割引になるためです。

 さて、MNPのタイミングですが、オンラインで申し込むと、どうしても時間的なタイムラグが出てきてしまいます。そこで、店頭で、MVNOサービスのMNPが実施できるヨドバシカメラのSIMフリーカウンターを利用しました。MVNOサービスのSIMカードや端末販売の他に、店頭で格安SIMにMNPも実施できます。MVNOサービスは、NifMo以外にも、複数のサービスに対応しています。

 まず、NTTドコモのオンラインサービス「My docomo」で、MNPを事前に申し込んでおきます(写真1)。MNP予約番号が発行されるので、その番号を持って、店に向かいました。

写真1●ドコモのオンラインサービスにてMNP予約番号を発行
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら