みなさん、モバイルしていますか? Windows OSの最新バージョンWindows 10が2015年7月29日にリリースされました。今回は、Windows 7以降のユーザーなら、無料アップグレードできるので、多くのユーザーが試すのではないかと予想しています。私も、Windows 8が稼働するノートパソコンやタブレットを4台ほど所有していますので、それぞれ適用したいと思っています。ただし、OSのアップグレードは、従来のソフトや周辺機器の互換性など、心配な部分がいくつかあります。そこで、最初にWindows 10との親和性が一番高いと思われるSurface 3をアップグレードすることにしました。

 Surface 3は、マイクロソフトのWindowsタブレットで、今年6月に発売されたばかりということもあり、発売時からWindows 10対応がうたわれていた機種です。アップグレードを実施する上で、まずSurface 3のタスクトレイに出現したWindowsアイコンを選択して、予約をしました(写真1)。

写真1●Surface 3のタスクトレイに出現したアップグレードの通知を選択
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら