みなさん、モバイルしていますか?

 スマートフォンやSIMを挿して使える(セルラー版の)タブレットが普及し始めてから、それなりの時間が経過していますので、機種変更や買い増しをした人も増えていると思います。その結果、自宅に眠っている古いスマートフォンやタブレットも多いのではないでしょうか。

 筆者もそうした端末を複数台所有しており、それらの中でセルラー版iPadに対しては「何だかもったいないなぁ」と感じていました。以前ソフトバンクでセルラー版iPad mini 3を購入して、出先でよく使用していたのですが、機種変更に伴ってSIMを取り出しました。そうすると、ネット接続には無線LANを使うしかありません。機種変更前のようにどこでも使うことはできなくなり、持ち出す機会が減っていったのです。

ソフトバンク版iPadで使える格安SIMがなかった

 こうして使わなくなってしまった旧機種も、MVNO(稼働移動体通信事業者)が提供する格安SIMを挿すことで、安く出先で使えるようになります。ただし、大手通信会社で購入したiPadはSIMロックがかかっています。しかも2015年以前に発売されたiPadに関しては、SIMロック解除に対応していません。

 SIMロックがかかったiPadであっても、ドコモ版iPadはドコモ回線のMVNOサービス(OCNモバイルONE、楽天モバイルなど)で利用でき、au版iPadはau回線のMVNOサービス(UQ mobile、mineoなど)で利用できます。しかしソフトバンク版iPadに関しては、最近までソフトバンク回線のMVNOサービスがなかったため、利用方法がありませんでした。

 ただし最近になって、ソフトバンク版iPadを格安SIMで使えるようになりました。これを可能にしたのは、2017年3月に登場した日本通信の「b-mobile s」です。ソフトバンクユーザーにとって格安SIMはまだ、あまり馴染みがないかもしれません。自宅古いソフトバンク版iPadが、このb-mobile sでどのくらい使えるものなのか、不安な人もいると思います。そうした人は、日本通信が7月に発売した「b-mobile sプリペイド」で試してみるとよいと思います。

b-mobile sプリペイド
(撮影:伊藤 浩一、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 b-mobile sプリペイドの料金プランは、980円の「1GB/15日プラン」(通信量1GB、利用期間15日間)、2980円の「7GB/25日プラン」(通信量7GB、利用期間25日間)があります。それぞれの容量を期限内で使い切るまで利用できます。容量を使い切った場合、または利用期間が過ぎた場合でも、チャージすることで継続利用が可能です。チャージは、利用終了の2日後までに行う必要があります。

 このたび、b-mobile sプリペイドSIMの「7GB/25日プラン」を日本通信から借りてソフトバンク版iPad mini 3で使ってみましたので、試した用途などを交えてご紹介します。

ソフトバンク版iPad mini 3
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら