みなさん、モバイルしていますか? 7月に入り2015年が半分過ぎてしまいました。早いですね。この半年の間も、多数のデジタルガジェットが発売されました。

 その中でも、かなりユーザーを選ぶコアなガジェットがあり、ユーザーとしても、トライアルのつもりで購入した商品があります。用途が限定されるコアなガジェットは、使い始めは楽しいですが、興味が長続きしない傾向にあります。しかし、その中でも、意外に活用しているコアガジェットが3点ほどありますので、ご紹介します。

Apple Watch:期待半分でも、毎日使えるデバイスに

写真1●Apple Watch
iPhoneの通知センターの代わりとして、通知を受けているだけで、十分な機能を発揮します
[画像のクリックで拡大表示]

 アップルからスマートウオッチが出るのでは? というのが、ここ数年の話題でした。それがついに実現したのが、Apple Watch(写真1)。2015年4月24日に発売となりました。スマートウオッチは、私自身、長年使ってきました。初期の頃は、パソコンとケーブル接続するタイプから、Bluetoothでデータをスマートフォンから受信するタイプなど、様々でした。ただ、残念ながら、どのスマートウオッチも、1カ月ほど使って、使用を断念することが多かったです。その理由としては、時計としての使用感と、データを閲覧しにくい点です。

 いろいろなデータを閲覧できるスマートウオッチは、装着していて楽しいのですが、逆に、腕時計として考えると、残念な仕様となっていました。腕時計としては厚みが大きく、装着感に違和感があって、長時間にわたって装着するのが困難だったりすると、一日中装着する必要のある腕時計としては、致命的な欠点となります。

 また、データ閲覧に関しても、スマートウオッチにプッシュされるデータを見るために、狭い画面で操作するのが煩雑で、結局不便に感じてしまい、データ閲覧機能をあまり使わなくなってしまう、ということがありました。かと言って、データ閲覧をせずに腕時計機能だけを使うには、装着感に問題があり、使わなくなってしまう、というパターンです。そういった経験もあり、Apple Watchには期待は半分くらいでした。アップル製品の新しいカテゴリーの初号機なので、記念で購入しよう、という意図もありました。そんな気持ちで、発売日に、量販店にて行列して購入したのが、Apple Watch Sportです。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら