みなさん、モバイルしていますか? 定額制の音楽配信サービスが続々と始まっています。世界的にみると「Spotify」がユーザー6000万人を抱えた最大の音楽配信サービスです。残念ながら「Spotify」は日本でのサービスインは未定です。

 そんな状況の中、日本発のサービスである「AWA」と「LINE MUSIC」が、続けざまに始まりました。「AWA」はエイベックスとサイバーエージェントによる日本純正の配信サービスです。ユーザーの好みに合わせた様々なレコメンド機能を持ち、聴き放題のメリット生かしたサービスとなっています。「LINE MUSIC」は、多数のユーザーを持つ「LINE」との連動機能が特徴の聴き放題サービス。「LINE」上で音楽を共有することで、新たなヒット曲が生まれる予感がします。

 急に活気を呈してきた定額制の音楽配信サービスですが、さらに、日本で始まったサービスがあります。「Apple Music」です。2015年6月30日に世界同時に開始されました。当初は、日本での開始が遅れるのではないかとの噂もありましたが、米国と同時に日本でも始まりました(写真1~4)。

写真1●Apple MusicはiOS 8.4にアップデートすることで利用ができます
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●iOS 8.4にアップデートしたiPhone 6 Plus(au版)
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●アップデート後、ホーム画面の「ミュージック」のアイコンのデザインが変わりました。ここからApple Musicにアクセスします。
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●最初に「ミュージック」を起動すると選択画面が現れます。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら