みなさん、モバイルしていますか? スマートフォン市場は、AppleのiOSと、GoogleのAndroid OSを搭載したスマートフォンに占有されている状態ですが、各社からスマートフォンOSがリリースされています。その中でも、日本市場に鳴り物入りで登場したOSが、マイクロソフトのWindows Phoneです。

 Windows Phoneの歴史をたどると、その始まりは1997年に日本市場に登場したPDA(パーソナルデジタルアシスタント)のOSであるWindows CEです。当初は、ミニキーボード搭載端末に使われていましたが、その後、スタイラスペンに対応したWindows Mobileへと変わっていきます。そして、2005年にウィルコムから発売された「W-ZERO3」から、通話通信機能を内蔵したスマートフォンとなりました。

 Windows Mobileは、携帯電話市場で、PC並みのスペックを求める一部のユーザーに受け入れられましたが、携帯市場を脅かす存在にはなれませんでした。

 その後、2007年の「iPhone 3G」、2008年の「HT-03A」の発売以降、スマートフォン市場が急速に広がり、携帯電話市場をしのぐようになってきたのです。

 スマートフォン市場を占有されてしまったWindows Mobileは、大きな勝負に出ました。今までのアプリケーションの資産を捨てて、新しいOS、Windows Phoneをリリースしたのです。日本市場では、2011年8月にauから「IS12T」が発売になりました(写真1)。

写真1●2011年8月にauから発売された「IS12T」
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら