みなさん、モバイルしていますか?「モバイルライフ応援日記」は、PC Onlineの連載を2007年から開始して、8年目となります。今回の408回目のコラムから、ITproでご覧いただけるようになりました。みなさま、よろしくお願いします。この「モバイルライフ応援日記」では、ユーザーの立場から、モバイルを、日常生活で便利に楽しく使えるようなツールになるように応援しているコラムです。実際に活用して、便利だった点を紹介していきますので、みなさんのモバイルライフの参考になれば幸いです。

 今回は、サムスン電子ジャパンが発表したAndroidスマートフォン「Galaxy S6 edge」を紹介します(図1)。この「Galaxy S6 edge」は、世界的に人気を集めているGalaxyシリーズのフラッグシップモデルで、日本では、2015年4月にNTTドコモとKDDIから発売されました。Galaxyシリーズは、日本では常にフラッグシップモデルが投入されていますので、Androidスマートフォンとしては、最高峰の機能を誇ります。CPU処理速度、ディスプレイ、カメラ機能、通信速度など、どの点でも他社製のスマートフォンに引けを取らないモデルです。

写真1●サムスンのフラッグシップ機「Galaxy S6 edge」
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の「Galaxy S6 edge」も、スマートフォンとしての基本機能は、素晴らしいものになっています。基本性能としては、ディスプレイ約5.1インチ、カメラ約1600万画素、OSはAndroid 5.0、CPUはオクタコア(クアッドコア2.1GHz+クアッドコア1.5GHz)、内蔵メモリーは、RAMが3Gバイト、ストレージが32Gバイト(au版)または64Gバイト(au版、ドコモ版)。日常使っていて、動作速度には不満がありません。ディスプレイもきれいで、カメラ機能としてはリアルタイムHDR機能で暗所撮影がとてもやりやすくなっています。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら