みなさん、モバイルしていますか?

 スマートフォンは世界中で、様々な端末がリリースされています。日本市場では日本・中国・韓国・台湾などアジアのメーカーの端末が大半ですが、ヨーロッパ発の端末もあります。今回ご紹介するのは、フランスのメーカー「Wiko」です。

 Wikoってご存知でしょうか。スマートフォンを日常的に利用している筆者でも知らないメーカーでした。Wikoはフランスで人気のメーカーで、フランス国内のシェアは2位です(1位は韓国のサムスン)。2011年にマルセイユで設立され、累計販売台数は1000万台を突破しています。とてもポップなデザインの端末をリリースしています。

 日本へは事業を展開する34カ国目として、2017年に参入しました。日本法人のWiko Japanを設立し、第1弾として発売したのは「Tommy」というカジュアルな端末です。

Wikoが海外でリリースしている端末の例
(出所:Wiko)
[画像のクリックで拡大表示]
Tommyの海外版の広告の例
(出所:Wiko)
[画像のクリックで拡大表示]

 Tommyの実勢価格は約1万5000円(税別)です。スペックは、5インチディスプレイ(1280×720)、CPUはクアッドコア1.3GHz(Snapdragon210)、内蔵RAM2GB、内蔵ROM16GB。メインカメラは800万画素、OSはAndroid 6.0です。SIMカードを2枚挿せるデュアルSIM仕様ですが、同時待ち受けができるDSDSには対応していません。それから、個人的にはジャイロスコープ搭載に注目しました。

パッケージと本体。パッケージのデザインがポップです
(撮影:伊藤 浩一、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
パッケージを開けたところ。ヘッドホンとSIMアダプターが同梱されています
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら