みなさん、モバイルしていますか?

 ゴールデンウイークのご予定はいかがでしょうか。フルで休日を取れる方は、旅行を計画されているかもしれません。一方、飛び飛びで仕事が入ってしまうと、旅行の計画も立てられません。そんなゴールデンウイークを過ごす予定のみなさんにお勧めなのが「スマホでスポーツ観戦」です。

 スマートフォン向けにスポーツや映画、ドラマなどの動画を配信するサービスは多数あり、いろいろと楽しむことができます。筆者もNetflix、dTV、Hulu、Amazonビデオ(Amazonプライム)と、4つの有料サービスを利用中です。筆者の場合、これだけの有料サービスに加入していても、月に多くのレンタルビデオを借りていた時代に比べれば、割安になっています。レンタルビデオは、一つのシリーズものを見始めると月に20本以上借りてしまうこともあるからです。

スポーツ中継が充実したDAZNが始まった

 2017年になってからは、スポーツ好きに最適な動画サービスが始まりました。「DAZN(ダ・ゾーン)」です。

Webサイト:DAZN

 DAZNの特徴は、JリーグJ1、J2、J3リーグ戦全試合を独占ライブ配信、オンデマンドで全ての試合を視聴できることです。サッカーファンにとって理想のサービスですね。海外のサッカーの試合も、ブンデスリーガの全試合をライブとオンデマンドで配信。セリエA、リーグアン、FAカップ、EFLカップ、コパ・デル・レイなど世界中のサッカーシーンを配信しています。

 サッカー以外でも、DeNAベイスターズと広島カープのホームゲーム(広島カープは一部制限あり)、MLB、F1、UFC、Vリーグ、NBA、NFL、NHL、WTA、その他多数のスポーツコンテンツの視聴が可能です。

 DAZNは、PCで視聴のほかに、スマートフォン用のアプリが用意されています。料金は月額1750円(税別、1カ月の無料体験あり)となっています。なおNTTドコモのユーザーは、「DAZN for docomo」というサービスがあり、料金は月額980円(税別)です。

ソフトバンク回線を使う格安SIMで視聴してみた

 先日、このDAZNを格安SIMで試してみました。利用したのは、2017年3月にサービスが始まった「b-mobile S 開幕SIM」です。「b-mobile S 開幕SIM」は、日本通信がソフトバンクの回線を使って提供するMVNOサービスです。ソフトバンク回線を使う点が新しく、注目を集めています。

Webサイト:b-mobile S 開幕SIM
iPhone 5sと開幕SIM
(撮影:伊藤 浩一)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら