みなさん、モバイルしていますか?

 モバイルで欠かせないのが周辺機器です。なかでも特に重要なのが、充電関連グッズです。スマートフォンやタブレット、ノートPCは、バッテリーが切れてしまうとただの箱です。どんなときにでも使えるように、バッテリー残量には気を使いたいところです。

 しかしそうは言っても、使えば使うほど減っていくのがバッテリーです。

 このバッテリーの減りをカバーするためによく使われているのが、モバイルバッテリーと充電ケーブルです。ケーブルの本体側のコネクタは、USB Type-C、Lightning、microUSBの3種類が主に採用されています。筆者はたくさんのモバイル機器を持ち歩いているのですが、ケーブルは3種類とも必要です。さらに、コンセントがある場所ではモバイル端末やモバイルバッテリーを充電しますので、USB充電器も持ち歩いています。

 というわけで、筆者のカバンの中には充電グッズだらけになっています。

筆者の充電グッズ。USBケーブル4本、モバイルバッテリー、USB充電器
(撮影:伊藤 浩一、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 これだけ持っていても不安な場合は、モバイルバッテリーを2個、3個と増やしていきます。先日、香港に行ったときは、モバイルバッテリーを2個持ってゆき、スマートフォンを充電しながら使うことで、2日間何とか過ごすことができました。このように、モバイルユーザーは充電グッズがどんどん増えていくのが常になっています。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら