みなさん、モバイルしていますか?

 モバイルユーザーにとって、かばんは気になるアイテムの一つでしょう。どれだけ性能の良いモバイル端末を用意しても、持ち歩けないと活用できません。さらには、持ち歩いていても効率的に利用できないと、モバイルユーザーとしては失格ではないかと思います。このようなニーズに合わせて開発されたベストセラーのかばんがあります。バリューイノベーションの「ひらくPCバッグ」です。

 「ひらくPCバッグ」は、三角形の形状でデスク上に自立させることが可能です。そして、かばんをひらいた瞬間に、デスクの引き出しのように利用できます。ノートPCをすぐに取り出せますし、ほかのモバイル機器もすぐにアクセスできます。こうした機能性の高さが評価されて、2016年度のグッドデザイン賞も受賞しています。

 第2弾となる「ひらくPCバッグmini」もリリースされています。こちらは、PCを縦向きに収納することにより横幅を抑えたデザインとなっており、電車などで膝の上に載せても収まる横幅になっています。以前、本コラムで紹介しました。

 そして2017年12月、第3弾となる「ひらくPCバッグnano」がリリースされました。直販サイト「SUPER CLASSIC(スーパークラシック)」では、1万7800円で販売しています。

 「ひらくPCバッグnano」は、PCバッグを名乗っていますが、普段はタブレットなどを持ち歩き、PCはたまに持ち歩くというユーザー向けに、「ひらくPCバッグ」を極限まで小さくしたスタイルになっています。小型になりつつも、「ひらくPCバッグ」のデスクの引き出しのようになる便利な機能はそのまま、という贅沢な作りになっています。先日サンプルをお借りしましたので、写真を交えてご紹介します。

ショルダー型のバッグ。従来のひらくPCバッグより、一周り小さくなっています。
(撮影:伊藤 浩一、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
モバイル関連グッズを入れてみます
[画像のクリックで拡大表示]
グッズは縦置きで入れられますので、すぐに取り出せます。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら