ヤマダ電機が2015年11月28日に発売した「EveryPhone」は、国内最速の店頭発売を実現したWindows 10 Mobileスマートフォンだ(関連記事:ヤマダ電機が「EveryPhone」の詳細を発表、大手キャリアにできないWindowsスマホに参入写真1)。

写真1●ヤマダ電機の「EveryPhone」
[画像のクリックで拡大表示]

 特徴は、国内におけるWindows 10 Mobile機としては最大の5.5型ディスプレイを搭載している点。Bluetoothキーボードやマウスと組み合わせることで、Officeアプリの快適な利用が期待できる。今回はこのEveryPhoneの使い勝手をレビューしていく。

持った瞬間に分かる薄さと軽さが特徴

 EveryPhoneの5.5型という大画面から、重たいスマホを連想するかもしれない。だが、その見た目に反してEveryPhoneは薄型軽量だ。本体厚は6.9mm、重さは138.6gで、同クラスの画面サイズのAndroidスマホやiPhone 6s Plusと比べても大幅に軽い。手に取るたびに軽さを実感できる。

 画面表面も滑らかな手触りだ。安価なスマートフォンでは滑りが悪く、いかにも安っぽく感じる機種もある。毎日のように操作する部分だけに、触り心地の良さは重要なポイントだ。本体背面にもガラスを採用する(写真2)。

写真2●本体背面にもガラスを採用
[画像のクリックで拡大表示]

 「戻る」や「スタート」などのボタンなどはソフトウエアで実装する。画面内に表示するため、ハードウエアボタンと違っていつでも押すことはできないが、ゲーム中に誤操作がないというメリットはある(写真3)。

写真3●スタートボタンなどはソフトウエア実装
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら