Androidは、2007年に米Googleが中心となって発表したスマートデバイス向けのOSです。米AppleのiPhoneやiPadに搭載されているiOSと比べると後発ですが、無償で利用できるオープンソースソフトウエア(OSS)ということもあり、急速に普及しました。新規販売台数シェアもiOSを抜いて、世界中で広く利用されているOSになっています。

 Androidは当初、スマートフォン向けのOSとしてリリースされましたが、現在ではタブレットやカーナビゲーションシステム、テレビ、腕時計型端末、眼鏡型端末など、様々な機器に搭載されています。Androidプログラミングを覚えておけば、身の回りにある様々な機器とアプリケーションを楽しめるようになるでしょう。

 Googleは2014年12月、Androidアプリケーションを開発するための統合開発環境(IDE)である「Android Studio」を正式にリリースしました。これまでのAndroidアプリケーション開発は、IDEとして「Eclipse」を利用するのが一般的でしたが、今後はAndroid Studio を利用する方法が主流になるに違いありません。

 この特集は、Android Studio の正式版を利用して、Androidアプリケーション開発の基礎を解説していきます。Android Studio では、Android 端末を画面上で再現するエミュレータも利用できるので、Androidの実機を持っていない方でもプログラミングを楽しめます。この機会にぜひ、Androidアプリケーション開発の“はじめの一歩”を踏み出してください。

出典:日経ソフトウエア 2015年4月号 特別付録
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。